ネットで探した世の中お役立ち情報まとめ

ネットで探した世の中お役立ち情報まとめ

ネットで公開されている様々な情報をいろいろな切り口で後ご紹介しています

記事一覧

『ようこそ、わが家へ』 第6話 有村架純ちゃんの○○写真流出と衝撃の流血 ネタバレ注意 

嵐の相葉雅紀さんと沢尻エリカさん、有村架純ちゃんが出演している

フジテレビ系の「月9」の『ようこそ、わが家へ』は

5月18日放送で第6話まで進みました。

このドラマの原作は、あの『半沢直樹』の作者である

池井戸潤さんの『ようこそ、わが家へ』です。

原作では、倉田太一が主人公ですが、

今回のドラマでは相葉さん演じる息子の

倉田 健太が主人公と言う設定になっています。

また沢尻エリカさんが演じる神取 明日香は

今回のドラマのオリジナルキャラクターです。

このドラマは、初回は13%の視聴率でしたが、

その後は徐々にダウンしていました。

ただ、第4話で10%を付けた後は、また徐々に

盛り返しています。

そして今回の第6話では、視聴率が12.3%に回復しています。

その理由について、ストーカーとの対決が少しずつ進展して、

毎回「怖さ」が徐々にアップしていることが、

視聴者の満足度を上げていると言う分析がされています。

さらには池井戸作品なので、企業ドラマとしての側面もあり

今後、そちらの展開も気になるところです。

以下は第6話の簡単な内容です。

ただし、ネタバレもありますので、ご注意下さいネ。

第6話では、有村架純ちゃん演じるアナウンサー志望の女子大生

倉田七菜がアナウンサー試験に望みます。

しかしそこに、一通の携帯メールが。

なんと七菜が元恋人とのベッドシーンを

放送局幹部に送ったというメールでした。

七菜ちゃんは残念ながら、今回のアナウンサー試験には

失敗してしまいます。

そんな中で、家に盗聴器が仕掛けられていることを知った、

倉田家の家族が協力して、ストーカーを家におびき寄せる

計画を立てます。

そして、いよいよストーカーが誰も居ないと思わせた

倉田家に入ってきた時に、気配を悟られてしまいます。

健太はストーカーを写真に収めますが、

犯人が逃げる際に、七菜を襲おうとするのを

自分が盾になってかばいますが、腹を刺されてしまいました。

個人的には有村架純ちゃんのベッド流出写真が気になりましたネ!!(笑

マザーゲーム 第5話 - 豪華女優陣をこのブログで紹介しないわけにはいかないでしょ

忙しいお父さんのためと謳っている以上

いつか絶対に紹介しないといけないと

思っていたのが、「マザーゲーム」です。

ひょんなことからセレブの家族があつまるしずく幼稚園に入園することになった

貧乏なシングルマザーの主人公・蒲原希子がセレブ幼稚園の内実に驚きながら、

自分を敵対視する母親たちにストレートに自分の思いをぶつけ、

凝り固まった母親たちの考えを変えていく。

そんな内容のドラマです。

で、なぜ紹介したいと思っていたのかというと、

なんて言っても、贅沢な女優陣にあります。

まず主演の蒲原希子(かまはら きこ)役を木村文乃さんが演じています。

木村文乃さんと言えば、「梅ちゃん先生」で竹夫の妻役を演じて全国区になった女優さんですが、

本作ではデビュー10年目にして初めての主役を演じています。

そして矢野聡子(やの さとこ)役を演じるのが長谷川京子さん。

矢野聡子は病院長の息子である夫の正輝に見初められ結婚し、

3人の子供をしずく幼稚園に入園・卒園させたベテランママです。

不動産業・レジャー業を営む大企業グループの令嬢で大物与党議員の姪、

年収5億3000万円と幼稚園の保護者の中でも抜きん出たセレブの

小田寺毬絵(おだでら まりえ)役を檀れいさんが演じています。

そして、もともとは広告代理店でバリバリの優秀な女性社員として活躍していたが、

子育てに専念するために退社して、娘をしずく幼稚園に入園させる

後藤みどり(ごとう みどり)役に安達祐実。

後藤みどりは、夫の不倫に気づくも、自分も娘の通うスポーツスクールのコーチと

浮気関係に陥ってしまいます。

最後は、希子とは小学校時代からの幼馴染で、

見栄を張ってセレブ御用達のしずく幼稚園に娘を入園させている

神谷由紀(かみや ゆき)役を貫地谷しほりさんが演じています。

幼稚園の中のお母さんたちのドロドロとした人間関係だけでなく、

お母さんたち自身の家族の問題もいろいろとドロドロしているので、

ドラマとしてはどうなのっていうところもありますが、

5月5日の第4話では、普段いじめられている矢野聡子と家族の関係を希子がしります。

実は聡子も家族の中では孤立していたのです。

幼稚園のバザーで、聡子の息子がけがをしてしまい、聡子が祖母に問い詰められますが

本来注意をしていなければいけない聡子の夫の監督不行き届きが原因だったために

希子が思わず、聡子の肩を持ちます。

一方で、みどりは、夫の不倫に気付き娘を連れて家を出ていきます。

しかし、こんなにドロドロした人間関係がこんなに集中するのも

見ていてちょっと違和感を感じてしまいます。

ただ、謎の男も登場して、今後の展開は気になりました。

そして12日の第5話はお受験塾のサマースクールの話しで、

ここで一気に希子の元夫や、謎の男の正体などが分かってきます。

ドラマそのものの内容はお父さんには、ちょっと理解し難いかもしれませんが、

豪華女優陣からは目が離せません。(笑

アルジャーノンに花束を 第5話あらすじ

5月8日金曜日は「アルジャーノンに花束を」の第5話が放送されました。

アルジャーノンはドラマに出てくる実験用の「ネズミ」の名前ですネ。

第5話では、それほど出て来ませんでしたが、第6話以降はだんだん登場する機会が出てくるんじゃないかなと思います。

第5話では、いよいよ手術の結果が咲人(山下智久)にも現れてきます。

しかも、遥香(栗山千明)に対して特別な感情を覚え始めます。

ただ、咲人の知能は高まるのですが、なかなか、自分の気持をどう扱えばよいのか分からず持て余している感じですネ。

これまで何度受けても受からなかった自動車の免許にも挑戦します。

先とは免許が取れたら、遥香と最初にドライブをする約束をします。

そして無事に免許が取れて、咲人は遥香を迎えに行きます。

しかし、病院の屋上で遥香と蜂須賀(石丸幹二)が、キスしているところを目撃してしまいます。

そこでショックを受けた咲人は、梨央(谷村美月)を呼び出します。

いよいよ咲人にも知能があがる効果が現れてきました。

ただ、ドラマの中でも言ってますが、知能に精神年齢が追いつかない様子です。

これは原作の展開を予想させるものですネ。

ダニエル・キースによる原作が出版されてからも、もう長い年月が立っており、日本でもドラマ化されています。

実はネタバレで結末を想像出来る人も多いでしょうネ。

因みに今回のドラマ化では、脚本監修が野島伸司さんです。

野島伸司さんといえば、ドラマタイトルや劇中歌にもこだわりがあることが有名ですよネ。

また「子供に見せたくない番組」ワーストランキングに入ることも少なくなかった脚本家ですので、最終的な展開がハッピーエンドになるのは考えにくいですネ。

次回の第6回では、いよいよ知能の高まりが回りとの軋轢につながる過程が描かれそうです。

【ネタバレ注意】キムタク主演「アイムホーム」は今夜第四話が放送されます

今夜木村拓哉さんが主演の「アイムホーム」の第4話放送になりますネ。

第3話ではキムタクが演じる久が別れた前妻である野沢香の父の法要に参列します。

そこで親族たちが「久は香と打算で結婚し、価値が無くなって離婚した」という噂に

愕然とするという展開でした。

第4話では、単身赴任していて事故にあった街を訪れます。

当時通っていたお店を巡っても、一向に記憶は蘇らず、

以前住んでいたアパートに勝手に上がり込んで寝てしまいます。

そして現在の住人の徳山と鉢合わせするのですが、なぜか意気投合して、

お互いの身の上話をしている二人です。

この徳山さん、実は久と縁がアリそうですよネ。

そして、夜現在の我が家に戻ると、妻の恵と息子良雄のお受験の話で

夫婦げんかをします。

そもそも久がお受験を言い出したのに、受験をやめても良いのではという

発言に恵みは、激怒します。

この「アイムホーム」の原作は、『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で、

1997年7月から1998年12月まで連載された石坂啓さんのコミック

「アイ’ムホーム」なんですネ。

もともと原作ではI’m home.をカタカナ書きしているので、「アイ’ムホーム」と

「’」が入っているんですね。

最近コミックの方も「アイムホーム」にした新装版が

ドラマに合わせて発売された様です。

今回のドラマでは舞台が証券会社ですが、もともと原作では銀行員という設定でした。

そして、記憶を失ったのも単身赴任中のアパートの火事だったのが

通りがかりに工場の爆発に巻き込まれた設定に変わっています。

実は、この「アイムホーム」は、2004年にNHKでもドラマ化されています。

その時は、久さん役は時任三郎さん、前妻の清原カオルに紺野美沙子さん、

そして現在の妻家路ヨシコさん役は戸田菜穂さんでした。

今後の展開が楽しみです。