• チャンピオンの究極スウェットを使った着回し3スタイル(ライフハッカー[日本版])

チャンピオンの究極スウェットを使った着回し3スタイル(ライフハッカー[日本版])

未分類

タバコをやめるマニュアルのネタバレと体験談

橋本 政志の
タバコをやめるマニュアルが気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:チャンピオンの究極スウェットを使った着回し3スタイル

誰にとっても当たり前すぎるアイテムであるがゆえに、テキトーに選んでテキトーに着てしまいがちなスウェット。

【全画像をみる】チャンピオンの究極スウェットを使った着回し3スタイル

あまりに選択肢が多すぎて、どれが本当にいいのか分からない。だからこそ、今買うなら究極の1枚を選び、旬な着こなしに挑戦してみては? 

カジュアルに欠かせないアイテムとして普及しているスウェットですが、歴史に登場したのは1924年。

パリ・オリンピックに参加したアメリカ選手のために作られた運動着でした。丸首で長袖、ジャージー素材であるスウェットは、トレーニング時の汗取り用シャツとして生まれ、裏地を起毛させていることが大きな特徴です。

年長者がスウェットのことをトレーナー(訓練者)と呼ぶのはこのためですが、これは間違った和製英語。

そもそも、英語で汗を意味するスウェット(Sweat)は、ウールで編んだセーター(Sweater=汗をかかせるという意味)が起源で、正しくはスウェットシャツと呼びます。

さて、ジーンズを語るときに「リーバイス」の名前が挙がるように、スウェットにおいては「チャンピオン」の存在抜きには語れません。

全米の学生を中心に親しまれ、日本でも“キング・オブ・スウェットシャツ”と称されているほど。創業した1919年当時は、主にセーターを製造するメーカーで、その後もしばらくは防寒用のウール下着を手掛けていました。

チャンピオンにとって大きな転機となる製品が、1934年に発明した「リバースウィーブ」でした。

当時のスウェットシャツは洗濯すると縮んでしまうという欠点があったのですが、縦織りのコットンジャージーを横向きに使用することで、縮みを抑えることに成功。1938年には製法特許を取得し、名声を確かなものにします。

今回紹介するのは、まさにその特許(パテント)を取得したリバースウィーブの最初期モデルの復刻版。

希少なアーカイブを元に、可能な限り忠実に再現した「トゥルー・トゥー・アーカイブ」というシリーズです。

同社のベーシックラインが4000円から購入できることを考えると、2万円はかなり高いと感じるかもしれませんが、その価値はあります。

現在の一般的なスウェットと大きく違うのは、ネックがかなり広く、首元のVガゼットが背面側にもあること。

身頃と腕が同じ生地で繋がっているのもポイントで、身幅がゆったりとしたシルエットは、奇しくも現在のトレンドでもあるオーバーサイジングな着こなしにもぴったり。

それでは早速、今季らしい着こなし例をお届けしましょう。

Vガゼットとは、汗止めの役割を果たす三角形の切り替え部分。機能としてはあまり意味の無いディテールなのですが、これがあるとないとでは見た目が大違い。丸首のネックはボートネックのように広く、背面側も抉れていることも特徴です。

また、ラグランでもセットインでもない、ドルマンスリーブのような袖付けが、独特のゆったり感を生み出します。

リバースウィーブ ファースト パテント モデル 20SS 価格2万円/チャンピオン

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

関連記事