株式会社感動集客のGoogleサーチコンソール活用術+Googleアナリティクス活用術 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

株式会社感動集客の
Googleサーチコンソール活用術+Googleアナリティクス活用術について
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:AFLO

2010年に第2作目が公開されてから、多くのファンが続編を待ち望んでいる映画版『セックス・アンド・ザ・シティ(以下SATC)』。しかし、最近はキャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーとサマンサ役のキム・キャトラルが衝突したり、サラが3作目は製作されないことを認めたりと、ファンにとっては複雑な心境になる情報ばかりが伝えられてきた。そして、先日新たに衝撃的な情報が明らかに。それはキャリーの夫、“ミスター・ビッグ”が次回作で死ぬ設定だったということ!

【写真】今でも新鮮!『SATC』キャリーが着た12のベストルック

今回、ミスター・ビッグの死が明かされたのは、とある有名ジャーナリストが司会を務めるポッドキャストにて。『SATC』の多くのキャストがゲスト出演した同番組で、彼は初期段階の脚本を読んだことを明かし、その衝撃的内容を告白。

彼曰く、3作目の軸となるはずだったのは、映画序盤に起こるミスター・ビッグの突然死で、死因はなんとシャワー中の心臓発作。また、映画は彼の死に向き合うキャリーにフォーカスする予定で、それに賛同できなかったのが、サマンサ役のキムや彼女の仲間だったそう。

「この脚本にはサマンサの見どころがないと、キムの周囲は感じていたようです。序盤でミスター・ビッグが死ぬことで、映画は最後までキャリーが彼の死から立ち直るまでを追うことになり、女性4人の友情や、関係にフォーカスされなくなります」

ポッドキャストに出演したサラは、キムとの交渉中に、「脚本にある美しさや喜ばしさ、そして痛みを、私たちと同じようにあなたも感じとってくれることを願っています」とメールを送ったと明かしていた。しかし、虚しくもキムがその良さを理解することはなく、サラは昨年正式に中止を発表した。

一方、ミスター・ビッグを演じたクリス・ノースは、自身の演じるキャラクターの死にショックを受けているかというと、そうでもなさそう。「ドラマは大好きだったが、映画は必要以上に感傷的だったし、ユーモアも足りなかったから大嫌いだった。しかし、3作目の脚本は過去2作よりも良い作品だと聞いていたから、中止になって残念だよ」と語っている。

また、同番組がキムにコメントを求めると、彼女の代理人がこのように話したそう。
「キムはSATCに関して、言うべき事はすべて話しました」

今月、サラ・ジェシカ・パーカーが3作目の映画の脚本について語った時には、「美しく、耐えられないほど痛ましく、胸が張り裂けるような、そして喜びあふれる脚本。色々な始まりになるようなストーリー」と表現していたけれど、それがまさかミスター・ビッグの死だったとは…。続編が中止になった事は悲しいけれど、ファンとしてはミスター・ビッグの死に直面せずに済んだのは良かったかも…?

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな