2015年05月の記事一覧

ネットで探した世の中お役立ち情報まとめ

ネットで公開されている様々な情報をいろいろな切り口で後ご紹介しています

月別:2015年05月

堺雅人さん主演『Dr.倫太郎』第6話 あらすじ紹介 ネタバレ注意

Dr.倫太郎の第6話が20日に放送されました。

Dr.倫太郎は倫太郎と明良(芸者の夢乃)の関係を縦糸に、毎週毎の話題が横糸にストーリーが展開していきます。

第6話では倫太郎をめぐる三角関係や四角関係、そしてストーカーと言った話題が登場します。

そして、さらにはとうとう夢乃が倫太郎に牙をむきます。

題材が題材の為、ゆっくりストーリーが進んでいくこともあり、視聴率的にはなかなか苦しい展開の様ですが、物語も次第に佳境に進んでいます。

個人的には高梨臨さん一押しです。

今週は高梨さん演じる川上葉子がある意味物語の一つのキーになっていました。

第6話あらすじ

倫太郎は明良(蒼井優)の母親るり子に、珍しく冷静さを失って、「あなたのような母親は要らない」と冷たく突き放します。

るり子は明良に電話し、日野と言う医者にあなたのような母親は要らないと言われたけど、私には明良が必要だと泣く。

そんなそぶりをしながらもお金の無心をするるり子。

病院に戻った倫太郎に明良のもう一つの人格である夢乃から電話が届き困惑する。

そんな所に誰かのいたずらで寿司の出前が届く。なんと価格は97200円!!

第6話の患者は、ストーカー被害で精神的に不安定になっているという好美。

倫太郎に助けを求めます。

倫太郎が家に戻ると明良が待っていて、携帯から倫太郎のデータが無くなったという。

倫太郎の家に二人で入るのを、研修医の葉子(高梨臨)がみていた。

倫太郎は明良にこういった現象が起きるようになった時期を確認する。

丁度るり子と再会した8年ほど前から始まっていた。

お金を調達する係を夢乃が担当してきたようだ。

そこで倫太郎はノートを渡す。

ストーカー被害者好美から連絡があったが、葉子は倫太郎が会議中とつめたく突き放してしまいます

そして、翌日明良が倫太郎の診察室に行きますが、やはり葉子はそっけない態度を。

会議を終えた倫太郎に妹から電話があり、家が荒らされ愛犬の弥助が居なくなったと連絡を受ける。

倫太郎の代わりに百合子が家に行きます。

そして、倫太郎が近くの公園で飼い犬の弥助と一緒にいる明良を見つける。

翌日、葉子は倫太郎に自分の気持ちを告白する。

受け止めてあげられないという倫太郎だが、その回答にすっきりしたという葉子。

そして葉子が診察室に行ってあったのがストーカー被害者の好美だった。

しかし、実は好美自身が倫太郎に対するストーカーだった。

葉子は自分も倫太郎が好きなので、好美の気持ちもわかるから一緒に治療することを提案する。

そこに倫太郎が現れ、犬も家族であること、家も思い出が詰まった場所であることを告げた上で、
葉子に好美を任せることにする。

倫太郎の診察室に明良がやってきて、ギュッとして欲しいと伝える。

倫太郎がギュッと抱きしめた時の明良の顔は、夢乃になっていた。

Dr.倫太郎を見逃してもHuluなら第一話から見れます!今なら2週間無料です。

【ネタバレ注意】マザーゲーム 第6話 視聴率が上がった!?- 出てくる女優さんをポーッと見ているだけでも良いですネ

5月19日にはマザーゲームの第6話が放映されました。

マザーゲームは、このブログでも前々回『マザーゲーム 第5話 - 豪華女優陣をこのブログで紹介しないわけにはいかないでしょ』で初めて紹介しました。

今回も、ドロドロの人間関係が描かれていきます。

今回はドラマの内容とは少し離れて、このドラマの主題歌を紹介しましょう。

このドラマの主題歌はSuperflyさんの「Beautiful」です。

「Beautiful」は5月27日に発売されるアルバム「WHITE」に収録されています。

これは、約3年ぶり、5枚目のオリジナルアルバムなんだそうです。

WHITE(初回生産限定盤)(2CD) (デジタルミュージックキャンペーン対象商品: 400円クーポン)

YouTubeにはWaner Music Japanからは4月14日に公開されていますので、視聴ができますネ。

第6話のあらすじ

幼稚園の合唱発表会が近づき子どもたちは練習に励んでいた。

希子は、発表会の招待状を持って、店の前で父・秀徳を待ち続けている陽斗の姿を見ていた。

同じ頃、矢野家では、姑の静子が体調の優れない優輝にたいしても容赦なくバイオリンの特訓をする。

静子はさらには長女の怜奈をスイス留学させるという。

由紀はお金の遣り繰りをするため内職を始める。

毬絵は、長男・彬と直接話すことすら叶わない。

いつものドロドロとした人間関係が描かれていくなかで、いよいよ合唱発表会当日を迎えます。

そこではハプニングが待ち受けていました。

さあ第6話の最後ではみどりの夫の修平に梨香を連れて行かれてしまいましたネ。

この車を追いかけるシーンでみどり役の安達祐実さんの「◯っ◯い」が揺れまくりで、

思わず、見とれてしまいました。

それにしても檀れいさんと言い長谷川京子さんといい、皆さんお綺麗です。

『ようこそ、わが家へ』 第6話 有村架純ちゃんの○○写真流出と衝撃の流血 ネタバレ注意 

嵐の相葉雅紀さんと沢尻エリカさん、有村架純ちゃんが出演している

フジテレビ系の「月9」の『ようこそ、わが家へ』は

5月18日放送で第6話まで進みました。

このドラマの原作は、あの『半沢直樹』の作者である

池井戸潤さんの『ようこそ、わが家へ』です。

原作では、倉田太一が主人公ですが、

今回のドラマでは相葉さん演じる息子の

倉田 健太が主人公と言う設定になっています。

また沢尻エリカさんが演じる神取 明日香は

今回のドラマのオリジナルキャラクターです。

このドラマは、初回は13%の視聴率でしたが、

その後は徐々にダウンしていました。

ただ、第4話で10%を付けた後は、また徐々に

盛り返しています。

そして今回の第6話では、視聴率が12.3%に回復しています。

その理由について、ストーカーとの対決が少しずつ進展して、

毎回「怖さ」が徐々にアップしていることが、

視聴者の満足度を上げていると言う分析がされています。

さらには池井戸作品なので、企業ドラマとしての側面もあり

今後、そちらの展開も気になるところです。

以下は第6話の簡単な内容です。

ただし、ネタバレもありますので、ご注意下さいネ。

第6話では、有村架純ちゃん演じるアナウンサー志望の女子大生

倉田七菜がアナウンサー試験に望みます。

しかしそこに、一通の携帯メールが。

なんと七菜が元恋人とのベッドシーンを

放送局幹部に送ったというメールでした。

七菜ちゃんは残念ながら、今回のアナウンサー試験には

失敗してしまいます。

そんな中で、家に盗聴器が仕掛けられていることを知った、

倉田家の家族が協力して、ストーカーを家におびき寄せる

計画を立てます。

そして、いよいよストーカーが誰も居ないと思わせた

倉田家に入ってきた時に、気配を悟られてしまいます。

健太はストーカーを写真に収めますが、

犯人が逃げる際に、七菜を襲おうとするのを

自分が盾になってかばいますが、腹を刺されてしまいました。

個人的には有村架純ちゃんのベッド流出写真が気になりましたネ!!(笑

マザーゲーム 第5話 - 豪華女優陣をこのブログで紹介しないわけにはいかないでしょ

忙しいお父さんのためと謳っている以上

いつか絶対に紹介しないといけないと

思っていたのが、「マザーゲーム」です。

ひょんなことからセレブの家族があつまるしずく幼稚園に入園することになった

貧乏なシングルマザーの主人公・蒲原希子がセレブ幼稚園の内実に驚きながら、

自分を敵対視する母親たちにストレートに自分の思いをぶつけ、

凝り固まった母親たちの考えを変えていく。

そんな内容のドラマです。

で、なぜ紹介したいと思っていたのかというと、

なんて言っても、贅沢な女優陣にあります。

まず主演の蒲原希子(かまはら きこ)役を木村文乃さんが演じています。

木村文乃さんと言えば、「梅ちゃん先生」で竹夫の妻役を演じて全国区になった女優さんですが、

本作ではデビュー10年目にして初めての主役を演じています。

そして矢野聡子(やの さとこ)役を演じるのが長谷川京子さん。

矢野聡子は病院長の息子である夫の正輝に見初められ結婚し、

3人の子供をしずく幼稚園に入園・卒園させたベテランママです。

不動産業・レジャー業を営む大企業グループの令嬢で大物与党議員の姪、

年収5億3000万円と幼稚園の保護者の中でも抜きん出たセレブの

小田寺毬絵(おだでら まりえ)役を檀れいさんが演じています。

そして、もともとは広告代理店でバリバリの優秀な女性社員として活躍していたが、

子育てに専念するために退社して、娘をしずく幼稚園に入園させる

後藤みどり(ごとう みどり)役に安達祐実。

後藤みどりは、夫の不倫に気づくも、自分も娘の通うスポーツスクールのコーチと

浮気関係に陥ってしまいます。

最後は、希子とは小学校時代からの幼馴染で、

見栄を張ってセレブ御用達のしずく幼稚園に娘を入園させている

神谷由紀(かみや ゆき)役を貫地谷しほりさんが演じています。

幼稚園の中のお母さんたちのドロドロとした人間関係だけでなく、

お母さんたち自身の家族の問題もいろいろとドロドロしているので、

ドラマとしてはどうなのっていうところもありますが、

5月5日の第4話では、普段いじめられている矢野聡子と家族の関係を希子がしります。

実は聡子も家族の中では孤立していたのです。

幼稚園のバザーで、聡子の息子がけがをしてしまい、聡子が祖母に問い詰められますが

本来注意をしていなければいけない聡子の夫の監督不行き届きが原因だったために

希子が思わず、聡子の肩を持ちます。

一方で、みどりは、夫の不倫に気付き娘を連れて家を出ていきます。

しかし、こんなにドロドロした人間関係がこんなに集中するのも

見ていてちょっと違和感を感じてしまいます。

ただ、謎の男も登場して、今後の展開は気になりました。

そして12日の第5話はお受験塾のサマースクールの話しで、

ここで一気に希子の元夫や、謎の男の正体などが分かってきます。

ドラマそのものの内容はお父さんには、ちょっと理解し難いかもしれませんが、

豪華女優陣からは目が離せません。(笑